「アクア」なら大丈夫でした

この春、夫の仕事の都合で、都会から地方へ引っ越しをしました。今まで住んでいたところは、バスや地下鉄、電車の本数が多くしかも駅やバスターミナルというところに住んでいたし、家の近くに、スーパーやデパートなど、何でもそろっていたので車がなくても生活できていました。けど、引っ越し先は、JRの駅やバスは一先ずあるものの、本数が少ないし、家からの徒歩圏内には、スーパーくらいしかないので、服などが必要なときは、ちょっぴり離れたところに居残るモールまで行かなければなりません。今まで、徒歩で通勤していた夫も、車がないと、通勤が厳しくなりました。なので、車の購入をすることになったのですが、ひとつ大きな問題がありました。それは小学1年生の娘のことです。娘は、バスは大丈夫なのですが自家用車に乗ずるといった、どうしても車酔いをしてしまうのです。それでも、車を買わないわけにはいきません。そこで、娘を連れて色んなメーカーを見廻り、たくさんの車に試乗しました。娘が現に乗って、そこそこ酔いがたい車を探しました。数えきれないほどたくさんの車にのぼりましたが、最終候補に残るのが「タント」という「アクア」でした。どの車も、15分ほど試乗させてもらったのですが娘は、これらの車であればかなり酔わずに、しかも、ドライブを楽しむことができたのです。今までドライブを楽しむという習慣がなかった我が家ですが車を買えば、新家族の楽しみができる、という希望や喜びの気持ちが湧きました。その後、夫と相談し「アクア」の購入を決めました。高速も利用することがあること、やはり、環境に手厚い車であるということで、こういう車を選びました。色は娘に選んでもらい「ディープアメジストマイカメタリック」に決めました。ナンバープレートの数字も、娘と共に考えました。娘が、新しく貰う車をより大好きになってほしい、そんな思いでした。「アクア」は人気の車なので、納車は当分先だ。それまでの間、おんなじ車種の車をレンタルさせてもらい使っています。いよいよ娘は快適なようで、まるで酔っぱらうことはなくお出かけを楽しんでいます。「アクア」の納車まで、あと毎月以上ありますが、家族で楽しみに待っています。そうして早く、初々しい車でドライブに行きたいだ。そうして、2台目を購入する必要が出てきたときは「タント」を選ぼうかと思っています。ミニバンランキング|2016年人気のミニバンを比較!

Categories: