見かけなくなったユーズドカーストアー

最近、車に乗っているらラジオを聞いていると、あんな古い車なのに○○円で買い取りました!とか、車を激しく並べるコツは、自動車買取サイトで複数の見積もりを取る事!などのCMや番組をよく聞きます。つまり、車を並べるのではなく、買い取るCMのほうが多いのです。
もちろん、メーカーのCMはバンバン流れていますし、WEBや新聞なんかには、メーカーの広告がデカデカという乗っている。ですが、昔一心に流れていたユーズドカーが安っぽい、とか地域最良
激安!とかのディーラーではないユーズドカー販売店のCMを主として聞かなくなりました。今は、ディーラーも新車だけでなくユーズドカーを取り扱うのは当たり前になってきていますので、ユーズドカー販売業が手厳しくなったのかもしれません。我々、ディーラーで最初ユーズドカー買おうとして、最終的に新車を買ったくちなので、そういった流れに拍車をかけた側だ。
それに付け加え、昨今の車離れで車を販売する商売が成り立ちにくい可能性もあります。その代わりに、ユーズドカーを買いいれて、需要がある発展途上国などの海外に輸出して利益を儲けるかもしれません。この辺は、すべて想像ですが。
昔は、幅広い敷地にたくさんの車並べて、土日に親子連れで車を見に来るなんて光景もありましたが、今は概ねみかけません。時代が移り変わるとともに、自動車の商売も変わっていくのですね。ハイブリッドカー 比較

Categories: