FF方式の乗用車にあたって

現在新車で販売されているコンパクトカーや軽自動車の大半の車種が、駆動方式としてFF方式を採用している。
又、中型クラスのセダンもこういう方式は別に珍しいものではなく、一部には大型セダンも採用している車種も存在します。

以前は、コンパクトカー以下のクラスもFR方式やRR方式の車種も数多く存在しましたし、中型クラス以上の車種でFF方式を採用した車種は少数派でした。
FF方式がここまで乗用車の駆動方式の主流を占めるに至った理由は、どのようなところにあるのでしょうか。

かつて、FF方式はスペースユーティリティーの確保に有利な方式として認められていました。
ドライブシャフトが無い為、邪魔なセンタートンネルが存在せず、ホイールベースも長く取りやすい為、FR方式から大きい居住スペースが実現出来るのです。

又、RR方式も居住スペースの点では類似した条件を備えているのですが、後にエンジンがある為、トランクスペースを確保し辛い欠点があります。
ボンネットをトランクスペースに利用するも、ステアリングシャフトが邪魔をして、幅広いスペースが確保出来ないのです。
こういう面では、FF方式は人員・荷物の両方の為に十分なスペースを確保出来る為、乗用車用の駆動方式としては理想的なのです。

ただし、駆動輪って操舵輪が共通である為、機構が複雑になり製造コストがかさむ他、かつては操縦性の点でも硬いアンダーステアが出たり、アクセルオフでタックインが発生したりという癖が生じる欠点がありました。

但し、技術の成熟とともに製造コストが下がり、操縦性の欠点も克服されて行った為、メーカー側にとってもユーザー側にとっても、メリットのがたいが際立つ方式となりました。

現在のFF方式の乗用車は、広大なスペースを確保する一方、運転しても、ほとんど乏しいアンダーステアやタックインに悩まされる事はありません。
予備知識無しに運転するという、FFなのかFRなのか思い付かほど、自然操縦性が実現されています。コンパクトカー

Categories: