今でも駆けやっているのかな?

若い頃はよく見かけていた走り屋って今でもいるのでしょうか?
もしかすると、私の歳が行ってしまい目に入ってこなくなっただけで、予め今でも山道を走ったり、ハイウェイを走ったりやる人達はいるのでしょうか?
そんな事を気にしていた今。
田舎のクネクネ道を走っているという、後ろにピタっと付く車が。
先に赴きたそうだが、どうにも追い越しをさせて言える道も無し、少し我慢してもらって…。
なんとかストレートの見通しの良い道になり、必ず必ずと、言わんばかりに先に行ってもらいましたが、追い越してからスッと飛ばしていく事に驚き。
ちょっとクネクネ道は貫くのに、いくらでも走って行く。ん?走り屋?
その車は、走り屋ッぽくはないけど、スピードも落とさず、アッという間に視界から消えました。
そうこうしていると、また、ピタっと後ろに1台。
因みに、うちの車が必ずしもじわじわノロノロ運転を通していた訳ではないのです。運転していたのは主人。
運転歴も長く、これまで乗ってきた車もどちらかと言うと走り屋くさいのが多かったくらいで、移すのは好きな方。
但し、家族を保ち、ちっちゃい子供が3人いる我が家は、既にファミリーカー。どちらかと言うとバス。
ハイウェイは良くても、山のクネクネ道は必ずしも飛ばせない。
も、山道にも慣れている主人。でも、後ろに付かれる。
付かれてしまうといった、主人も血が騒ぐのかスピードを上げて仕舞う。それでも、我に返り、断然お先に何はなくとも。
そんな事が何回かあり、さすが今でも走り屋っているのかな?といった。
その道で、最後に見かけた走り屋の車はレビン。
20年ほど前に主人も乗っていたので、二人で「懐かし~」という。
なかなか、新型レビンが出るとか?出たとか?
さすが、走り屋は存在するのでしょうか?スポーツカーランキング|2017年人気の国産&外車スポーツカー比較

Categories: